MENU

憎たらしい顔の赤みの原因と秒速でできる対策

 

原因は主に2種類。

 

  1. 赤ニキビ
  2. 毛穴の化膿

 

一見すると別々の肌トラブルのように感じられますよね。

 

しかし、その両者ともに必要な対策があるのです。

 

それが、『活性酸素』へのアプローチです。

 

活性酸素さえ抑えられれば、

 

  • 睡眠
  • 食事バランス
  • 運動
  • 保湿

 

これらを異常なほど神経質に気にする必要がなくなります。

 

というか、↑↑はほとんどの人が『言われなくても知ってること』であり、すでにある程度実践していることのはず。

 

それでも気になるからググってるわけで。

 

でも大丈夫。

 

活性酸素を抑えるだけで、顔の赤みは解決します。

 

活性酸素は「サビ」のようなもの

 

木に古い釘が刺さっていて、サビついているのを見たことがあるでしょう?

 

あれは「酸化」が釘に起きたから、赤茶色い表面に変質してしまったんです。

 

このサビつきと同じことが

 

  1. 赤ニキビにも
  2. 毛穴の化膿にも

 

当てはまります。

 

ニキビは皮膚の脂が詰まっちゃうことでおきますが、その時に増えるアクネ菌が皮膚の中を傷つける時に、活性酸素が大量生成されます。

 

毛穴の化膿の際にも、毛を剃る時のダメージで毛穴の傷口からバイキンが入るなどして活性酸素が生成されます。

 

ニキビ跡も毛穴の凸凹も、元をたどれば活性酸素のしわざなんですね。

 

活性酸素を抑えることが、どの状況でも最大の解決策であり、「跡に残さない・今の跡をリカバリーする」ためには活性酸素の抑制が必須なのです。

 

当サイトで人気の対策アイテムが優秀といえる3つの理由

 

 1.自宅でできる!

 

電話代をかけて皮膚科の予約をとったりバス券orスイカ代をかけて薬局に行く必要がありません。

 

 2.赤みに特化してる!

 

オールインワンゲルのような「アレもコレもできます」みたいなゴチャ混ぜは、結局1つの効果が小さくなりがち。

 

ちゃんと「赤みに強い」と分かるアイテムでないと、家族にすらジロジロ見られる今のストレスから解放されることはありません。

 

 3.容器のデザインが怪しまれない!

 

容器がかわいいと、それだけで愛着が沸くもの。

 

最低でも、「あ、何か新しいブランドのコスメなのかな」と思えるデザインじゃないとNG。

 

だって、

 

「あ、錠剤だ。何か皮膚のお薬かしら?」

 

「わぁ、大きくて不格好な塗り薬。相当しんどいみたいね、あの子の赤み」

 

↑↑こんな風に周りに思われるの耐えられます??

 

家族はまだしも友人にそう思われるのって、ジワリジワリとチリツモな不快感がたまっていくものです。おかげで生理が重くなったりと、ね...

 

 

以上、1〜3のメリットを全部満たした、「顔の赤み」に特化した対策アイテムの詳細はこちら

 

↓↓

 

ベルリアン

 

 

 

 

憎たらしい顔の赤みの原因と秒速でできる対策記事一覧

 

赤いけど、かゆくも痛くもない⇒毛穴ダメージ or 赤ニキビ※正確には毛包炎という名称。毛穴ダメージの場合、顔の毛を剃る時のダメージや洗顔料の洗い残しなどが原因です。赤ニキビの場合は、毛穴にオイリーが詰まってしまったことが原因です。この2つの根本的な対策は、実は同じなのです。根本的な治し方の記事へ進む※痛みがある場合は「面疔」などその他の病気のリスクがあるので、必ず皮膚科を受診してください。

 
 

見分けるポイントは「かゆみ・痛み」。かゆみや痛みもセットの場合、薬疹や面疔などの病気が疑われます。必ず皮膚科を受診してください。問題は、「かゆくないよ!」「痛くもないよ!」(触りたくはないけど...)という場合。この時に初めて、赤ニキビ毛穴ダメージ(毛包炎)の2つだと分かります。シミのようにフェイスラインに広がる赤い斑点の正体はこのどちらかです。そして!そのどちらとも、原因は異なります。しかし、根...

 
 

赤いポツポツと『同時に何が起きたか?』が見分ける大事なポイントです。皮膚科に行くレベルの病気の場合、かゆみ発熱この2つを伴います。病名は微妙に変わってきますので、安易にネットに書かれている病気だと信じ込まず、必ず専門の医師から説明を受けてください。※ネットに医師はいません。問題は、かゆみも発熱も痛みも無い場合です赤いブツブツができているけれど、特別痛いわけではない。かゆいわけでもない。おでこに手を...